不動産投資と購入物件の地震対策

熊本の震災以来、日本中で地震が起きていて、関東でも茨城県で大きな地震があました、東京周辺での直下型地震も熊本の規模より大きな地震を想定しています。
不動産投資では、立地の良いところ需要があるところということでの不動産投資になりますので、都会や周辺となります。
しかし」、今回の熊本県でも被害が非常に大きくなりました。
そうなると不動産投資での物件の購入でも、地震の影響を最小限にできるところが必要になります。
それらの情報の中で地盤の情報を得ることも必要です。
その場合に利用するのが、国土地理院の土地条件図です。
これは色分けされて地盤がわかるようになっています。
台地や盛土地、微高地などが色分けされています。
要するに土地が固いか緩いかがわかるわけです。
その他では、国土地理院の都市圏活断層図もあります。
そのほか断層のデータなどもあるので、不動産投資での物件購入では、それらを利用するとわかりやすいということになります。