不動産投資と地震対策とリスク管理

不動産投資関係の最近の話題では、熊本の震災がショックが大きかったということですが、不動産投資での物件を購入する場合でも、地震対策が非常に重要だということは、よくわかりました。
いくら良い物件で立地が良くても、大地震や津波などの自然災害にはかないません。
しかし、そうであっても、よりリスクを減らすことはできます。
熊本の不動産物件でも、倒壊しない建物や住むことができる建物もありました。
そうなると、リスク管理では、立地や価格などとともに、地震に強いかどうかということも重要になります。
それで、選ぶポイントとしては、地盤がまず重要です。
当然ながら地盤が弱ければ、亀裂などや揺れなどで、その上の建物が良い建物でも被害が出てしまいます。
ですので、地盤プラス耐震性や免震構造の建物で、より地震に強くなる物件ということになります。
インターネットで、昔の土地の情報などを調べられますし、その地域の図書館などでも調べられるので、それらで対処します。